ともよしブログ

大学院生、理系博士ブロガーのともよしです(博士課程なう)。有機合成化学やってます。おもろいことが好き。

辛かった研究室だけど、実験量を倍にしたら楽しくなってきた話→何事も、本気でやれば楽しくなる

こんにちは、今日(火曜日)の夕方まで研究室生活がつらいと感じていたともよし(@tomo141)です!

しかし今日の夜、MacBook Proを入れた大容量リュックサックを肩から下ろした時のように、すぅーっと気持ちが楽になった瞬間があったので、その時の話を。

f:id:tomoyoshiyoshi:20160823230355p:plain

お盆休みに、ブログ「研究室つらい」を書いて消えた「ともよし」

ともよしブログ、なんと最後のブログ更新は9日前、しかもこんな記事。

www.genkiyoshi.com
これもう、死んでるんじゃないかって心配されていたかもしれません笑

実際、つらかったです。上司のプレッシャー(詳しくは上の記事で書いてます)に耐えられるのか、心配で。自分だけ学位をもらえないんじゃないかと、怖くて…。上司に会った時は、本当に手が震えたほど。それほど、プレッシャーに押しつぶされそうになっていました。


でも実験をたくさんやらないと学位がもらえないし、大量の実験計画を詰め込みました。気持ちは完全に「やらなきゃ」っていう義務感でいっぱい。実験量はいままでの2倍。帰りは毎日夜中というのもありえるんじゃないかと覚悟をしていました。

そして実験スタート

昨日月曜日、お盆休みが空け、実験スタートです。実験量が2倍、といっても待ち時間に次の作業を入れていけばいいので、実験時間は2倍にはなりません。

…できないことはないんだよな。うん。ただ


やっぱ疲れる。


それにデスクワークがほとんどできないし、ずっとこれでは破綻するなという印象。もっとうまく仕事をできるようになりたいです。

朝早く夜遅く帰る生活

研究室は9時にスタート。でもぼくは8時スタート(前業)です。(これで仕事の効率がかなり上がる)

月曜日はなんとか23時に大学を出ることができました。

「帰ったらお風呂入って寝るだけかぁ…。ブログは書けないな…。いつまで続くんだろう、こんな生活」

火曜日も前業成功

火曜日も、前業成功です。8時過ぎに到着。

「早めに実験始めないと。」

淡々と作業を進めます。ただ、ずっと立ちっぱ、歩きまわったり手を動かし続けたり… ぼくは、少し歩いただけで「もうやだ疲れたー」って言うカヨワイわがまま女の子のように、すぐ疲れちゃうので2日目にして限界がきそうでした。

晩ごはん時に

晩ごはんの時間まで、実験を続けていると、体力はもうほとんど残っていませんでした。HPでいうと、もう赤色。「ともよしもういい戻れ!」って感じ。

「もう晩ごはん後は、予定より実験を減らしちゃおうかな」

こう思いながら食堂へ。「サラダと一緒に冷しゃぶポン酢がいいな…」「あっさりがいい」と思ってたんですけどそのメニューがなくて、なぜか「ラーメンにハムカツ乗せる」というデブセットに。たまらん。

食後のデザートには、まっしろな画面の上にたっぷりの文字がてんこもりなブログです。

Twitterからブログを読む。どんどん。どんどん。

やっぱりブログが趣味なんでしょう。好きなんでしょう。楽しいのなんの。

今日は時間を気にせず、ゆっくりゆっくり読んでやる。

たくさんお気に入りを見つけることができました。(あ、ツイートは読み飛ばしてもらっても構いません笑)






今日は豊作でした。



ブログを読んでて気付いたんです

体から、疲れが取れていっているんです。すぅぅーーって。

すぅぅーーって。


研究は辛いんだけど、研究は研究で。

ブログを読んでいると、自分の野心(参考:え、思わないの?諦めるの?「好きな時に、好きな場所で、好きな仕事がしたい」 - ともよしブログ)が思い出されたり刺激されたりします。類で友を呼んでいるので当たり前ですね。


だれのブログに影響を受けたのか。keitaさんか、やぎぺーさんか、しみさんか…。上で挙げたすべてのブロガーさんたちの影響でしょうか。

「研究は辛いけど、辛いのも一時的なものだよな。」

こう思えるようになったんです。今までも分かっていたつもりだったんですけど、腑に落ちたというか。心が受け入れてくれたというか。そんな感じ。

本気でやっていれば楽しい

食堂から研究室に戻る時、こう思えるまでになりました。


実験量を増やされ、つらいと感じていました。でもこう考えることもできる。上司からのプレッシャーをきっかけに、結果的に、研究者としてふさわしい実験量に近付くことができました。

これはデカかった。

ちゃんとやっていると楽しい。

これです。今までは、「ちゃんと」やっていなかった。中途半端にやっていても楽しくないんですね。やっぱり何事も、全力でやるべきです。全力でやっているからこそ、工夫したくなったり勉強したくなったりする。だから楽しくなってきちゃうんです。

これです、これ。この感覚です。


この感覚を大切にして、これからも研究を続けていきたいな。