ともよしブログ|理系を楽しむ

大学院生、理系博士ブロガーのともよしです(博士課程なう)。有機化学やってます。笑いは大事にしています。

【部下の育成】後輩に厳しくできない人は、概して「甘い人間」である

広告

f:id:tomoyoshiyoshi:20170222111405j:plain

どうも、絶賛部下を育成中、大学院生博士ブロガーのともよし(@tomo141)だ。

後輩に厳しくできないと、自分も甘くなる。

自分に、甘くなる。

厳しかった上司(教授)が優しくなった

そんな話を友達としていた。

そしたら厳しかったときの教授が夢に出てきて、最近の研究をスムーズに説明できなかったぼくを突き放してきた。

こわかった。

研究室の先輩は、後輩に対して厳しくするべきである

考察。

ラボ全体の意識が、後輩にあまり厳しくしない雰囲気(叱ったりはするけど)であるせいで、ラボ全体のレベルがあんまり高くないような気もしている。

部下に厳しくできない人は、「甘い」

後輩を厳しく指導できない人っていうのは、「他人に厳しくできるほど、自分ができた人間じゃない」「自分はふさわしくない」と思っているものだ。

自信がない人は、後輩に厳しいことを言えない。

逆に、自信を持ちたい、できる人間になりたいって人は、後輩に厳しくするようにしたほうがいい。

たとえ現時点で“ふさわしい人間”と思えてなくても、厳しくしてればついて来るから。


あなたにおすすめの記事
普段の実験報告から言葉遣い・深い議論にこだわる人は、学会発表が上手い - げんきよしのともよしぶろぐ!