読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんきよしのともよしぶろぐ!

大学院生博士ブロガーのともよしです。「げんきよし」かと思ったら「落ち着きよし」。テーマは「大学院生(博士課程)」「ブログ運営」「受験」「ポケモン」など。

なぜテレビ観ないの?→若者「テレビの動画はいつも途中再生だから」に目から鱗が落ちまくり

広告

f:id:tomoyoshiyoshi:20170103164506p:plain

こんにちは。大学院生ブロガーのともよし(@tomo141)です!

「だってテレビの動画はいつも途中再生だから…」


 
 

若者「テレビの動画はいつも途中再生」

昨日テレビを観ていたら、ある小説家さんが出てきていて、「2016年で一番印象に残った言葉は?」みたいなコーナーでこんな言葉を発表していた。

その小説家さんが、去年1番印象に残った言葉とは、

なぜテレビを観ないのか?と聞かれた若者が答えた言葉、「テレビの動画はいつも途中再生(だからテレビを観ない)」という言葉だった。


ぼくら20代以上世代は、子供の頃からテレビを観て育った。

20代以上世代が「初めてであった動画」は、テレビである。

20代以上世代のみなさんは、テレビに対してこんな気持ちを抱いたことがあるだろうか?


一方、若者。「初めてであった動画」がテレビというよりは、YouTubeなどのインターネットである若者世代は、「テレビはいつも途中から再生されるから不便」という言葉を素で発するのだ。

しかも、その「テレビはいつも途中から再生されるから不便」という言葉が、20代以上世代(の小説家であっても)がどんなに頭を捻っても思いつきそうもない言葉だ。この点にその小説家さんは衝撃を受けていた。


ネットでも「目から鱗」の言葉が。

鱗がポロポロ。強風の日のひらひらと落ちる桜の花のように、ウロコが舞い降りて来そうだ。



別の番組。じゃあこんなときは「テレビを観ない若者」はなんと言うだろうか?

小説家さんが出てくるテレビ番組を観終えたぼくは、次の番組、ある映画を観ていた。
(夜中に突然始まる「映画トラップ」に捕まってしまった!!)

そしてふと思った。

さっきの「テレビを観ない若者」は、この番組(映画)に対してはなんと言うだろうか?と。


始まる映画、「俺はまだ本気出してないだけ」。

AmazonでDVDを買えば、執筆時4,581円。テレビで無料で観れるなんて最高じゃないかと思っていた。

つかみが最高で、気になるタイトルな上に、堤真一が放つ「まだ本気出してないだけ」の「俺(42歳)」のキャラが最強なのだ。面白い。

そんな、朝からゲームをしているようなダメ息子を持つ父親や、口数の少ない娘(でも「俺」への信頼はなぜだか強そう)との掛け合いも、笑いもアリ、後半では涙もアリな感じだ。


でもふと思った。SMが多い。15分おきに、2分くらいのSMがあったような気がする。あ、SMじゃなくてCMだ。

夜中の番組だから、通販のCMばっかりなのだ。ぼくには、アクリル板がキレイに切れようが、硬い鉄板もスパンと切れようが関係ないのだ。早く続きが見たいのだ。

そして続けてこうも思った。

さっきの「テレビを観ない若者」は、この番組(映画)に対してはなんと言うだろうか?と。

若者はこう言うだろう「テレビのCM=広告は、“5秒後にスキップ”できない」

YouTubeの広告は、5秒観たら「スキップ」できるものが多い。

YouTubeで育った若者はおそらく、「広告はスキップできるもの」と思っているだろう。

そんな「広告はスキップできる」と思っている若者が、15分おきに2分のCM=広告が挟まっている映画の番組を観たらどう思うだろうか?

というか、テレビで映画を観ない理由を尋ねたらどう答えるだろうか?

きっと、テレビのCM=広告は、「5秒後にスキップ」できないから(テレビの映画は観ない)」と答えるんじゃないか。

そう思った。

テレビの映画で、CMCMCMにしびれを切らしたぼく(若者の証拠だな)

まあそんな考察はどうでもよくて、映画は残り3分の1、アクリル板も鉄板も、同じ機械で、刃を換えるだけで切れる、今までになかった切断機のCMがうざいのだ。

(↓こんなやつね)

続きが気になる。


でも気付いたんだ。

そうだ、ぼくはAmazonプライムの会員だ。会員限定特典で、映画が見放題じゃないかと。


さっそく、ポケットからiPhoneを取り出した。

検索。

f:id:tomoyoshiyoshi:20170103141051p:plain

おお。

f:id:tomoyoshiyoshi:20170103141137p:plain

これは。

f:id:tomoyoshiyoshi:20170103141643p:plain

あるジャマイカ。

再生、いやしかし、残り30分。家族も観てるし、今日は我慢しておこう。


30分後。


「俺はまだ本気出してないだけ」、感動した。「俺」の娘、橋本愛ちゃんが、セリフが少ない・表情の幅も小さい(そういうキャラ)のにいい役をしている。

ぜひ観て欲しい。

ぼくは決意した

そしてぼくは決意をした。テレビで映画が始まったら、とりあえずAmazonのプライムビデオを開こう、と。

プライムビデオなら、CMなしで、PCでもiPhoneでもiPadでも、快適に映画を観れるのだ


Amazonプライムは、1日たった11円の会費で、人気映画見放題のサービス=「プライムビデオ」を利用することができ、それだけでなくAmazonでの買い物で「お急ぎ便」「お届け日時指定便」が使い放題という超得なプログラムだ。

プライムビデオは、CMなしの映画を追加料金無しで見放題。TSUTAYAとかでDVDをレンタルするよりずっと楽だし(返却しなくていい)、何回も観れる。iPhoneやiPadでも映画が観れる。映画好きには超絶嬉しいサービスだろう。

それに加えて、Amazonでの買い物もかなりお得になる。定期便で5%OFFとかもあるしね。


でも定期的にお金を払うのはなんかもったいない

という人にも安心で、プライムビデオで映画を見放題の、Amazonプライムは30日間無料体験のプログラムがあるから安心だ。

無料で30日、映画見放題なら、どう考えてもお得だろう。

とりあえず30日だけ試してみて、気に入らなかったら簡単に退会できる。お金を払うかどうかは、30日試してみて、それから考えることをおすすめする。


無料体験はこちら
Amazonプライム


しかもあなたが学生なら、年会費1,900円で、「プライムビデオ」や「お急ぎ便」に加えて「本 +10%ポイント還元」「kindle本毎月1冊無料」などの特典があるAmazon Studentというプログラムに申し込むことができる。

Amazonプライムは1日11円だったけど、Amazon Studentに至っては、1日5円!やらなきゃ損。

もちろんAmazon Studentにも30日間の無料体験がある。

ぜひ、30日間の無料体験を始めて、楽しい映画生活、快適なAmazon生活をお楽しみいただきた。


無料体験はこちら
Amazon Student


Amazonプライム・Amazon Studentの詳細情報
Amazonプライムの詳細情報はこちら
Amazon Studentの詳細情報はこちら


あなたにおすすめの記事
2016年買ってよかったものベスト10〜大学院生ブロガーの場合 - ともよしブログ
【おねだり】今日は誕生日だし、新しいブログも作ったし、ブログ運営で使える「ほしいものリスト」を公開するよ(?) - ともよしブログ