ともよしブログ|理系を楽しむ

大学院生、理系博士ブロガーのともよしです(博士課程なう)。有機化学やってます。笑いは大事にしています。

せなか広告(木のリュック)のスポンサー様募集中!仕組みや宣伝効果、価格等説明するよ

f:id:tomoyoshiyoshi:20181005011551p:plain
どうも、ともよしです。

今日は、「ともよしのせなか広告」の説明をします!

せなか広告とはなんぞや

百聞は一見にしかず。

どん。

f:id:tomoyoshiyoshi:20180930201235j:plain

伝わりましたか?


せなか広告とは、広告が貼れる、木のかばん(リュック)なのです。

ここにあなたの広告を載せられるわけです。

せなか広告の宣伝効果(オフライン1):出没場所

では次に、せなか広告の宣伝効果を説明していきます。

はじめは、オフラインの宣伝効果=出没場所を説明しておきます。


基本的には、ぼくが外出するときは、家からせなか広告を背負って外出します。


家は、愛知県名古屋市。名古屋市営地下鉄塩釜口駅、八事駅、八事日赤駅に囲まれたゾーンの中。


参考地図

月~土

◆家と名古屋大学間を往復します。

参考地図(ルートは正確ではありません)

休日の行動パターン(大体の頻度)

◆家とプレイマウンテン今池(ボルダリング)間(自転車、地下鉄)(20%)

参考地図(ルートは正確ではありません)


◆平日と同じ(20%)

参考地図(ルートは正確ではありません)


◆家-名古屋駅-京都駅間(自転車、地下鉄、新幹線)(20%)

参考地図(ルートは正確ではありません)


◆その他、買い物(名古屋駅、栄とか)、外に出ない、三重に帰る、他のボルタリングジム、旅行(40%)

せなか広告の宣伝効果(オフライン2):ぼくからの説明

この広告なんですか?等言われた場合、ぼくが思っていることを素直に言って、宣伝します。

ぼくを納得させたほうが宣伝効果が高まりますので、宣伝してほしい場合はプレゼンしてください。

Twitter(@tomo141)、
メール genkiyoshi.tomoyoshi☆gmail.com (☆を@に置き換え)
等、待ってます!

せなか広告の宣伝効果(オンライン1):ツイートサービス

次はオンラインでの、せなか広告の宣伝効果について。


まず、ツイートサービスがあります。

月に1~10回くらい、気まぐれで、せなか広告を撮影した画像をツイート(ハッシュタグ「#せなか広告」をつけて)します。

ちなみにフォロワーさんは1800人くらいいます。

フォロワーさんは、ブロガー、理系学生、理系大学/大学院卒、大学生、高校生が多い印象です。

せなか広告の宣伝効果(オンライン2):ぼくが盗撮されて、SNSにアップされるかもしれません

f:id:tomoyoshiyoshi:20180930202906p:plain
↑こんなパネルも貼ってます

ぼくとせなか広告が盗撮されてSNSにアップされた場合、ぼくがハッシュタグ「#せなか広告 #まわりの反応 #ともよしのせなか」をつけて引用リツイートします。

宣伝効果は高そうです。

掲載期間

掲載期間は1ヶ月掲載、もしくは3ヶ月掲載となります。

3ヶ月掲載の場合は、1ヶ月分割引します!

広告のサイズと料金

背面の広告

【標準の半分サイズ】
「1枠」縦6 cm x 横15 cm(1ヶ月) → 1000円
「1枠」縦6 cm x 横15 cm(3ヶ月) → 2000円

【標準サイズ ほかの背負い主さんは、このサイズが多いです】
「2枠」縦6 cm x 横30 cm(1ヶ月) → 2000円
「2枠」縦6 cm x 横30 cm(3ヶ月) → 4000円

大きいサイズ(2枠分)を購入される場合は、1枠分の商品を2つご購入いただき、データ送信の際にその旨をお伝えください(購入方法については後述)。

(背面は縦36 cm x 横30 cm。つまり12枠あります。)

側面の広告

側面の広告は、今のところ3ヶ月掲載のみとします(広告作成費の関係で1ヶ月掲載だと割りにあわないので)。

「1枠」縦6 cm x 横10 cm(3ヶ月) → 1000円
「2枠」縦12 cm x 横10 cm(3ヶ月) → 2000円
「3枠」縦18 cm x 横10 cm(3ヶ月) → 3000円

大きいサイズ(2〜3枠分)を購入される場合は、1枠分の商品を2〜3つご購入いただき、データ送信の際にその旨をお伝えください(購入方法については後述)。

(側面は縦36 cm x 横10 cm。左右に6つずつ貼れるので、合計12枠があります。)

料金の変更

広告枠が埋まった場合、料金を上げさせていただきます。

料金が上る前に、お早めにご購入ください。そして3ヶ月掲載なら33%OFFとお得です。

掲載場所

他の広告との位置関係等を考慮し、掲載場所はこちらで決めさせていただきます。予めご了承ください。

ともよしのせなか広告はこんな人におすすめ

  • 名古屋の人に宣伝したい事がある人
  • 名古屋大学、八事日赤、八事、塩釜口付近のお店を経営されている方
  • 学生、ブロガー、理系に対してプロモーションしたい人
  • 変わったこと面白いことしてる人に興味のある人

などなど!

申込(購入)から掲載までの流れ

(「せなか広告 - まちを歩くアドネットワーク」でせなか広告のシステムを確認する)

  1. せなか広告ウェブショップ(ナンバー5のせなか)より、ともよし(ナンバー5のウォーカー)の広告を購入する ※
  2. データの入稿(もしくは掲載内容のデザインを依頼)
  3. 待つ(通常およそ1週間かかります ※)
  4. 掲載開始


※大きいサイズを購入される場合は、1枠分の商品を複数ご購入いただき、その旨をお伝えください(背面は2枠まで、側面は3枠まで)。

品切れになっている、もしくは購入枠が足りない場合でも、本当は枠が空いている場合があります(運営との連絡が追いついてない場合など)。
商品数を変更するか、掲載予約をしますので、ぼくに連絡してください。Twitter(@tomo141)等に。

お気軽に相談してください

以上です。ご質問等があれば、お気軽にご連絡ください。

ご相談は、Twitter(@tomo141)まで。
メール genkiyoshi.tomoyoshi☆gmail.com (☆を@に置き換え)でも大丈夫です。

フルタイム勤務する人は減っていく

f:id:tomoyoshiyoshi:20180920084043p:plain
どうも、ともよし(@tomo141)です。

フルタイム勤務する人ってのは減っていくと思います。

自由に生きていても、食っていけるので。

フルタイム勤務する人は減っていく論

これ、常識なんですかね。

あえて、同様の話がどれくらい世の中に広まっているのか、調べる前に書いてみます。素の自分の感覚残しておこう。

YouTuberの出現

自分の好きなことをして食っていく。それだけで生活が成り立っているYouTuberという仕事ができてきています。

もちろん、好きなこと以外の仕事もくっついてきてしまっているとは思いますが、好きなことをやり、それがメインコンテンツなのは(そういう人が多いのは)間違いないでしょう。

遊びが仕事になる

遊びは、仕事になります。

なぜかというと、みんな、楽しみたいから。


フルタイム勤務から帰ってきた人は、心を癒やしたいのです。

そういうとき、旅行に行ったり、趣味をやったり、そうやってして心を癒やしたいのです。

心を癒やすために、アフター5や週末に遊ぶんですね。


遊ぶとき、使える資源といえば、遊べるものですね。遊園地、イベント、スポーツなど。

遊ぶときは、遊ぶための資源が必要です。遊ぶためのものは、需要があります。

そこで、遊びのプロに需要が出てくるのです。

「こいつと遊ぶのは楽しい」「こいつは遊ぶのがうまい」こういう気持ちがあれば、そこにはお金を払う価値があるということです。


こんな感じで、遊びのプロはお金を稼ぎます。

遊びが、仕事になります。

技術の進歩で働く必要がなくなってくる

AIやその他技術の進歩で、働く必要性が少なくなってきていることも、効いています。


例えばコンビニのレジは自動化してくるでしょう。ユニクロのレジはすでに自動化が始まっています。

AIで仕事が奪われるなんて話は今や常識レベルですよね。


機械に任せられる仕事が増える上に、生活は技術的には満たされてきている(これ以上の便利を求める必要性は、一昔前より小さくなっている。必要最低限は満たされているので。)。

仕事は減り、技術が満たされれば、自ずと仕事は減っていくはずです。

仕事をするよりも、遊んでいたほうが、みんな(多くの人は)嬉しいはずです。


仕事をやるにも、みんな心の余裕がなさすぎる。心の余裕がないために、世の中にはいろんなしわ寄せが現れてきています。

みんな、できることなら余裕をつくりたい。それはニアリーイコール仕事を減らす、という人は多いはず。

以上のことから、フルタイム勤務をする人は減る

はずです。

だって、遊んでればOKなんですから。


極端な意味での“遊びを仕事”にするという人は少ないかもしれませんが、“自分のやりたい仕事=自分で作る仕事=遊び”と捉えれば、遊びを仕事にする人はどんどん増えていくでしょう。

現に、企業に雇われてのフルタイム勤務をせずに、生計を立てているYouTuber、ブロガーをたくさん見ています。フリーランスの人は増えているんじゃないでしょうか。


(メモ 1330字/21分 63字/分)

完全食COMPのパウダー/グミ/ドリンクのコスパを比較してみた

f:id:tomoyoshiyoshi:20180829122036p:plain
どうも、ともよしです。

完全食COMPのパウダー/グミ/ドリンクのコスパが気になったので、比較してみました。シェアします。

結論としては、パウダー/グミ/ドリンクのコスパ比は、パウダー:グミ:ドリンク=1:1.2:1.5でした。

朝食、軽食、おやつ等に、400kcal摂取する場合の値段を比べると、パウダー333円、グミ396円、ドリンク494円です。

詳細は以下。

続きを読む

誰のためでもない、その仕事その修業は自分のためにやってるってことを思い出せ

f:id:tomoyoshiyoshi:20180821114411p:plain
誰のためでもない。その仕事は、その修行は、自分のためにやっている。

嫌なら辞めればいい。やめる選択肢はある。それでも残ることを選んでる。それならやろう、楽しもう。

続きを読む

リライト:参加型!新ブログ「理系とーく」の計画をさらそう:科学をエンジョイしよう&科学力を向上させよう

f:id:tomoyoshiyoshi:20171112130736p:plain
どうも、ともよし(@tomo141)です。

最近考えている新ブログ、「理系とーく」について、考えていることをつらつらと書いていきまっしょ〜

(投稿:2017/11/12、更新:18/8/21)

  • 追記:「理系とーく」できましたー!!
  • 目的は何か?
    • 科学をエンジョイ♪
    • 科学力を向上させる
  • 「理系とーく」とは?
    • 主要コンテンツは「専門外の人」向け
    • そして専門家の分野は有機化学にとどまらない
  • 「理系とーく」が生み出すたくさんの「良いこと」
    • たくさんの理系人から意見がもらえる
    • 就職で有利
    • 企業研究者の地位(・給料)が向上する
    • 日本の科学力・技術力の向上
    • 雇用の創出
  • あとさ、オンライン学会“科学会”とかおもしろそうですよね
    • 発表内容はひとまず分野の意義
    • 他分野は、おもしろい
  • おわりに
  • 追記:「理系とーく」開設しましたー!応募はこちらから!
続きを読む

人の目、人の言葉は気にしていい。咀嚼して養分にすればいい。


人の目を気にすることは、意思決定をする上でノイズになり、邪魔をすることが多々あります。

までもどうやらぼくは、人の目を養分にして生きているようです。

そこに気付くまでの過程をシェアします。



きっかけはラボ。

続きを読む

否定語の多いツイート、1度ポジティブな言葉で言い換えてみて

f:id:tomoyoshiyoshi:20180622114007p:plain
どうも、ともよしです。

否定語の多いツイート、否定的なツイート、直接的なdisりを含むツイートは、見ていて不愉快なことがありますよね。

そして油断すると、そういった否定的なツイートをついたくさんしてしまうものです(人間のできた方はあてはまらないですが)。

ぼくも先日、否定的なツイートを投稿しそうになったのですが、ぐっと堪えて、同じ内容のことをポジティブな言葉で言い換えてみました。

するとどうでしょう。

ポジティブな言葉をつかった結果、そのツイートは、なんとも心地の良いツイートに仕上がりました。

みなさんもやってみてください。

続きを読む

何気なく書いた記事が、誰かの役に立つ。必ず。それがブログのよさ。

f:id:tomoyoshiyoshi:20180621122826p:plain
ずっと前に何気なく書いた記事が、シェアされた。

ぼくへの感謝の気持ちとともに。


「こんな記事もそういえば書いたな」

そんな記事だったけど、その方には大きな気付きを与えられたみたいだった。大きく役に立ったようだった。

嬉しかった。

続きを読む

最近は、科学メディア「理系とーく」の運営をがんばってます!

f:id:tomoyoshiyoshi:20180511140151p:plain
2017年年末、理系とーくという科学メディアを立ち上げました。

最近では、今見てもらってる「ともよしブログ」よりも「理系とーく」に力を入れています。

今日は、理系とーくの紹介をしてみようと思います。

続きを読む

有機化学系はきつい。研究室の正しい5つの選び方

f:id:tomoyoshiyoshi:20180507105005p:plain
今日も大学院生ブロガーのともよし(@tomo141)がお送りする。

「きつい&コアタイムが長い」ことで有名な有機系研究室に行こうと思っているあなたに、どのように研究室配属を考えるべきか?をお伝えしたいと思う。


もくじ

  • 有機系研究室を選ぶ前に考えておくべきこと
  • 有機系研究室の選び方1.やりたい分野かどうか
  • 有機系研究室の選び方2.「学位を取ってからやりたいこと」を実現できるかどうか
    • 学部を出て就職する場合
    • 修士、博士で就職する場合
    • 博士取得後、アカデミックの道を考えているのなら
  • 有機系研究室の選び方3.どれだけ働かなければ“いけない”のか
  • 有機系研究室の選び方4.教授や他の教員を尊敬できるか?
  • 有機系研究室の選び方5.雰囲気はよいか?
続きを読む

自分がつくった作品を、他人が力説してくれるという、この上ない喜びについて

f:id:tomoyoshiyoshi:20180502163315p:plain
ブログ、陶器、雑貨、料理、写真、動画……。自分がつくった作品を、自分以外のだれかが力説してくれる。こんなにうれしいことは、なかなか無いですね。

ブロガー兼、理系とーく編集長のともよしです。


ぼくが創った理系メディア「理系とーく」を、力説してくれる人が現れ、なんだか不思議な気持ちになると同時に、感動しています。

当然、その人が語った内容は、自分が語っていた(アピールしていた)内容と、多くは一緒かもしれない。けれどその人が、自分の言葉で、自分の感じるままに書いてくれた。

ぼくが見ていた視点とは、異なる視点からの「理系とーく」の見え方を知りました。

自分でつくったのに、自分のものの気がしない。自分がつくったものをこんなにも肯定的に語ってもらったことが、どこか信じられなくて。こんな気持ちになりました。

今日は、こんなお話。

続きを読む

平日の京都駅で、行き交う観光客・外国人を見て思い出した熱い思い

f:id:tomoyoshiyoshi:20180427204529p:plain
昼。京都駅。

平日だというのに、人がたくさんいる。

着物を着ている。観光客だろうか。
外国から来ている人もたくさんいる。
修学旅行か、社会見学か、中学生くらいの子もたくさんいる。

近くに、同じようなことを考える人がいる気もするけど、思い出した。
“京都に、来たときの思い”。

続きを読む

「ブログやってます」って言って月数記事更新のブログを見られていいのか?問題

f:id:tomoyoshiyoshi:20180420160419p:plain
ぼくはブログをやっている。

毎月、多くはないけど、それなりに嬉しい金額、お金が入ってくる。

ブログを、書かなくても、だ(Google検索から安定して人がたくさん来てくれてる)。


そう、最新記事リストを見てもらうと、10記事書くのに数ヶ月かかっていたりするけど、それでもお金が入ってくる。

だから、更新しなくても「ブログやってます」て言いたい気持ちになる。お金入ってきてるんだもん。


けどさ、見た人はがっかりすると思うんだ。

ありがたいことに、自分の所属している大学院で、けっこうともよしさんの名が広がっていたりするみたいだ。

規模が大きいかは分からないけど、なぜかあまり喋ったことない人に「ともよしさん」って呼ばれたりする。

普通名字さんでしょ(嫌って意味じゃなくてね)。なのにともよしさん。活動を知っている証拠だと思う。


出会いの季節になって、自己紹介をすれば、ブロガーですって言ったりする。

それでブログを見に行ってくれた人もいる。

でもその人は「あんまり書いてないじゃん」って思うと思うんだ。

がっかりするかは分からないけど、ある程度の更新頻度は、それ以降よく読んでくれるかどうかに影響する。


月数記事更新のブログでは、なんだかブロガー感がない。


投稿のハードルをもっと下げて、頻繁に書いていきたい。

続きを読む