読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんきよしのともよしぶろぐ!

大学院生博士ブロガーのともよしです。「げんきよし」かと思ったら「落ち着きよし」。テーマは「大学院生(博士課程)」「ブログ運営」「受験」「ポケモン」など。

ぼくがなぜ「デメリットの多い雑記ブログ」を運営しているのかをお話しておきます

広告

ぼくは雑記ブログで攻めるという方向性でやっています。


特化ブログのメリット・雑記ブログのデメリット

まずはぼくの雑記ブログのデメリット、反対に言えば、特化ブログのメリットを挙げておきます。

雑記ブログは、方向性が見えにくい

雑記ブログは、その名の通り、いろんなジャンルの記事を書くブログです。

各ジャンルが多いので、雑記ブログというのは方向性が見えにくくなります。

方向性がよくわからないブログは、概して記憶に残りにくいです。記憶に残りにくいブログは、固定客も増えにくいでしょう。


特化ブログの方が固定読者がつきやすい

これに対して、特化ブログは方向性がはっきりしている。


京都ブログなら、京都が好きな人が読者になります。

受験について語れば、受験生が読者登録をしてくれます。

研究についてたくさん書けば、大学院生の読者が増えるかもしれません。


方向性が見えにくい雑記ブログは、読者がつきにくい、と単純には考えることができます。
(でも実は意外と、そんなに読者が増えにくい気もしない。これについては後述します。)

特化ブログの方が収益性も高い

これは運営側の話になってしまいます。特化ブログは、収益率が高くなります。

これは、読者の興味と、ブログの内容の一致率が高くなるからです。

京都のことが好きでぼくのブログに訪れた人がいても、その人は大学の研究の記事をクリックしてくれるか?という問題です。京都→研究の流れで読んでくれる方はなかなか珍しい。

やはり、興味のある記事がたくさんあった方が、そのブログを存分に楽しめますし、ぼくが紹介した商品を買っていただける確率も上がってくるでしょう。


雑記ブログのメリット

雑記ブログにもデメリットがあるけど、ぼくは雑記ブログを書いています。この理由について語っておきます。

ブログ運営力を身につけるなら、雑記ブログが最適

ブログで活躍する(稼ぐ、有名になる)ためには、言わずもがな「ブログ運営力」が必要です。

このブログ運営力で、その状況状況に合わせた最適な手が打てる必要があります。


じゃあこのブログ運営力というのは何かというと、やっぱり「ブログ運営における勘」の部分が大きいと考えているんですよね。

この内容なら、こう書いてこの時間にこんな共有方法で投稿する。最適解を見つけられる力と、それを実現する力が必要です。


で、ブログ運営力を身につけることを考えると、雑記ブログを書くというのが最適なんですよね。


なぜ雑記ブログをやっていると、ブログ運営力がつくのか?それはズバリ、より効果的な試行錯誤ができるからです。

雑記ブログを書くと、アクセスアップを目的とした実験がたくさんできるのです。それも、質のいい実験です。

雑記ブログなら、上質な対照実験が行える

雑記ブログなら、違うジャンル同士の記事を比較することができます。

実験の基本は対照実験であり、「同じブログで、違うジャンル」という条件で、対照実験が行えるのです。

ジャンルAの記事aと、ジャンルBの記事bを書いた後、それぞれの反応を見ることで、記事aとbでどちらが効果的な記事だったかを分析することができます。


これが複数の特化ブログだと、正確に比較実験をすることができないんです。

なぜなら、それぞれのブログでドメイン力(そのサイトがGoogleにどれだけ高く評価されているか)が違うからです。

書いた記事のクオリティがよかったのか、ドメイン力が高かっただけなのか、というのが、雑記ブログに比べて正確に分析できないのです。


雑記ブログのデメリットをどう克服するか?

これまで、雑記ブログのデメリットとメリットを挙げてきました。では、メリットを最大限に活かし、デメリットを克服するには、どのように雑記ブログを運営していけばいいのでしょうか?

考えていきましょう。

固定客はつきにくい。と思われているが

固定客がつきにくいと思われがちな雑記ブログ。ですが、意外と固定客はついてきます。

ぼくのブログでは、研究、京都、ブログ、色んなジャンルに渡って記事を書いています。にもかかわらず、固定客は見えています。

しかも、いろいろな解析で分かったことなんですが、固定客さんは、ひとつのジャンルだけ読んでいるわけではなかったのです。

研究系記事をシェアしてくれる人だと思っていたら、京都系の記事もシェアしてくれたりしているのです。


これをどう捉えるか?

ぼくはこう思っています。

「雑記ブログで固定客になる人は、そのブロガー自体が好きになる場合だ」と。

「ともよし」という人間に興味を示し、共感を得る。そうすることで固定読者になるんだと考えています。

書いている人自体を好きになった場合に固定客になるとしたら

ブログを運営しているその人自身が気に入った場合に、固定読者になるとすると、こう考えられますね。

「雑記ブロガーは、自分の個性・人間性を出せば出すほど、固定読者がつきやすい」と。

てなわけで、雑記ブロガーのみなさんは、「自分」を出していきましょう。

自分の人間性を気に入ってもらえるように、自分の個性を強く強く出していきましょう。

ぼくが目指すブログのジャンルは「ともよし」

ぼくが目指すブログ。ぼくが目指すブログのジャンルは、最終的には「ともよし」にしたいんですよね。

ぼくのブログの固定客は、ぼく自身を気に入ってくれた人。こういう形にしたいんです。

だからぼくのブログのブログタイトルは、ジャンル感を感じさせない「ともよしブログ」なんです。

将来は特化ブログを作る

で、将来的には特化ブログを作りたいと思っています。特化ブログのメリットも享受したいですからね。


まずは今のブログで、「ともよし」のブログとして影響力をつけると同時に、雑記ブログ運営でブログ運営力をつける。

いろんなパワーを鍛えたあとは、将来、おそらく特化ブログを作ると思うんですよ。
(「京都系」と「大学・研究系」のブログは結構興味があります。)

特化ブログを作ったときに、雑記ブログで身につけた「ブログ運営力」が生きてきますし、影響力もプラスに働くはずです。


てな感じの未来が見えているので、ぼくはこういうスタイルの雑記ブログを書いていこうと思っています。