読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんきよしのともよしぶろぐ!

大学院生博士ブロガーのともよしです。「げんきよし」かと思ったら「落ち着きよし」。テーマは「大学院生(博士課程)」「ブログ運営」「受験」「ポケモン」など。

ぼくは「科学とビジネスの交差点」に立っていたい

広告

こんにちは。大学院生ブロガーの

ぼく、科学とビジネスが交わるところに立って、それを世の中に広める活動をしたいんですよね。

大学で科学をやっている

ぼくは、大学で科学をやっています。

もっと言えば、大学院生(博士課程)で、化学を専攻しています。

人生で様々な選択をしてきた

高校2年生のときに、理系を選び、高3で工学部を選び、大学で専攻分野を選んだり研究室を選んだりしました。

人生に、たくさんの分岐点があって、そのときそのときで、自分なりに全力で考えて、ベストだと思った選択肢をとってきたつもりです。

自分で考え、自分で作ってきた人生。

やはり、自分の人生には愛着がわきます。わきますよね?

科学を選択してきたから、科学に愛着がある

で、自分の人生で選んできた選択肢には、共通項があるものです。

今回挙げた選択では、すべて「科学」という共通項があります。

「科学」という道を選び、もう10年とか経つわけで、10年も「科学」の道を歩いてきていると、やはり、「科学」に愛着がわきます。

科学が好きなんだと思う

自分の人生の半分とかを、「科学」に費やしているとも言えます。

それくらい、科学が好きなのでしょう。

一方「ビジネス」にも魅力を感じる

一方、高校生からですかね、「ビジネス」にも強く興味をもつようになりました。

一番のきっかけは、高校生の頃にお世話になった先生。起業家みたいなイメージもある、みかみ先生という人。

関連記事:ともよしのプロフィール

「己の手で、お金を生み出したい」

そういう野望を持つようになった。

「ビジネス」の第一歩で今、ブログで稼いでいる

ぼくが雇われずに、初めてお金を稼いだのはブログだ。

ブログを始めたのは、ブログをやっているみかみ先生の影響も大きい。

ぼくはこの手で記事を書いて、ぼくはこの手でブログをデザインした。

額はもちろん少ないのだけれども、己の手で、お金を生み出している。

雇われ以外で稼いだことのない人には、わからないと思うけど、「自分の手でお金を生み出した」という感覚は、他では味わえない、気持ちいいものだ。

ぼくは「科学」と「ビジネス」、2つの道を歩いてきた

ぼくは約10年、ずっと「科学」という道を歩んできた。

ぼくは約10年、ずっと「ビジネス」という道を歩んできた。
(ブログ歴はそれくらい)

でも「科学」の道も、「ビジネス」の道も、それぞれ交わることはなかった。

ずっと平行な道だった。

これからは、「科学とビジネスの交差点」に立っていたい

平行だった「科学」と「ビジネス」の2つの道。

これからは、この道を交差させていきたいと思う。

そう、「科学とビジネスの交差点」を作るのだ。

「科学とビジネスの交差点」に立っていくのだ。


あなたにおすすめの記事

ドクター・博士課程後期の人は就職で、専門・学位にとらわれ過ぎ

ぼくが博士課程に進学した理由と、ドクター生活の感想

何で稼ぐ?ぼくがブログを始めようと思った理由

大学院生(博士)なのにブロガーになるのか問題

やりたいことが見つからない人は、自分の直感を信じて「好き」を追いかけるべき