読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんきよしのともよしぶろぐ!

大学院生博士ブロガーのともよしです。「げんきよし」かと思ったら「落ち着きよし」。テーマは「大学院生(博士課程)」「ブログ運営」「受験」「ポケモン」など。

入学式の日に、新入生に声をかけまくってライターを3人捕まえた話

広告

f:id:tomoyoshiyoshi:20170331213944j:plain

大学院生博士ブロガーのともよし(@tomo141)だ。

今日は、大学の入学式で、学生ライターを人捕まえてきた話。

ともよし塾のライターさんを見つけたかったのだ。


ともよし塾というWebサイト

ぼくは、ともよし塾というWebサイトを運営している。

ともよし塾では、受験生の勉強を無料でサポートしたい、という思いがある。

そして、勉強をがんばることで自分が成長すること、受験が自分を見つめ直すいい機会になること、勉強で自分の将来をしっかり考えられるようになること…

たくさんのことを伝えていきたいとも思っている。

名古屋大学合格者に、合格体験記を書いて欲しい

ともよし塾で、受験生の勉強スピード高めたい、心の炎を大きく燃やしたいと考えている。

そのために、大学合格者に合格体験記を書いてもらったり、勉強法を書いてもらったり、おすすめ参考書を書いてもらったり、問題演習サポート、知識解説をしてもらったりしたいのだ。

ぼくひとりでやるよりも、たくさんの大学生=合格者と一緒に作り上げていくほうがいいに決まっている。

だから、ライターさんを募集した。

名古屋大学合格者=名古屋大学新入生に声をかけるのが一番早い

やっぱり母校ということで、名古屋大学を目指す高校生を応援したいという思いが強い。

というか、高校生からしても、東大目指していれば東大生に教えてもらいたいだろうし、名大目指していれば名大生の話はききたいはずだ。

だから、需要に応えたい。だから名大を目指す高校生を応援したい。


てなわけで、名古屋大学目指す人の専用ページを作る、とまではいかないけど、名古屋大学受験者向けのまとめとかは多く作りたいと思っている。


でだ、名古屋大学受験者向けの記事を書くなら、やっぱり名古屋大学生に書いてもらうのがいい(自分も含めて)。

名大生ライターが欲しいのなら、名大生にアタックだな、というわけで、入学式に突入した。

会場の周辺で、新入生に声をかけまくる。

サークルの勧誘もたくさんいる。

ぼくも声をかける。

アンケート

ライター募集というのは、実は二番目に話していた。

声をかけて最初に話していたことは、オススメ参考書アンケートだ。

名大を目指している人のために記事を書きたい、話を聞かせていただけないでしょうか? こんな感じで話を始める。

参考書の話は、みんな結構教えてくれる。

いつか記事にまとめるけど、約1時間で、結構な意見を集めることができた。


3割位の人はアンケートも断られた(少ない方かな?)けど、7割の人はおすすめ参考書を教えてくれる。

結構好感触だった。

ライター募集

しかし、アンケートが一通り終わったらライター募集の話につなげるんだけど、これが難しい。

文字数に怖気づく

「仮に2000字書いていくらならやりますか?」みたいな質問をすると、「原稿用紙5枚か、大変だな、やめとこう」って感じになることは学んだ。

書く仕事はけっこう大変だと思われている

いやまあ分かる。

ブログをずっとやっている今となっては、15分位で1000字くらい?書けるけど、まあ1000字とか聞いたら「ウゲ」ってなるよな。

この辺の話術を磨かなければ。


てか字数の話はアウトなのかな。

「空欄を埋めていくだけでオッケーでーす」くらいのノリがいいのだろうか。

リアルで話しかけてライターを募集したことがある、とかいう人はコツを教えてほしい。

書きなぐってみた

いろいろ、書きなぐってみた。

(1500字くらいなら、20分くらいで書けるなぁ成長してるなぁなんて思った)

思いついたことをぽんぽんぽんと入力してみた。

まとまっているかは不安だけど、そういうのをあんまり気にせず書く記事も、気楽でいいからたまには書こうかなぁなんて思った。


なんだこのまとめ。

公開数分後追記

ライター捕まえた話、してない!笑

そうそう、捕まえられた人は、結構興味を持たせることができたのかなぁと。

お金の話が先に来ちゃうと「割に合わんな」と判断されたり魅力が薄まったりしてしまうんだろうか…。

お金ドリブンじゃなくて、やりがいドリブンのアプローチがいいのかなぁ~

次は、ちなみに報酬もあるよ、くらいのスタイルでいってみようかしら…。

ともよしの奮闘は続く…。

追追記

そうだよなぁ、アンケートは結構協力してくれるんだもの。

協力だな、協力。



うーん、ライターというのがいけないのかな。

インタビューにすればいいんだな。インタビュー。



これかもしれない。基本インタビュー(できればライター)。


次の記事はこちら!
授業動画ネット無料配布、iPad、AI。次世代の塾業界はどこへ向かうのか?僕ならこういう塾を作る - げんきよしのともよしぶろぐ!
www.genkiyoshi.com