ともよしブログ

大学院生、理系博士ブロガーのともよしです(博士課程なう)。有機合成化学やってます。おもろいことが好き。

ネイティブのおれが、三重弁「できやんやん」「足りやんやん」の使い方を解説するで

f:id:tomoyoshiyoshi:20170507125327p:plain
おう、ともよし(@tomo141)やで。

今日は、三重県出身のおれが、三重弁、“できやんやん”の使い方を解説してくわ。

なんでも三重弁の“やんやん”はかわいいらしい。ぜひこの機会にマスターして帰ってってくれ

やっぱり、三重県の方言?言葉の解説やし、三重弁使って解説してくわな。

おれは三重県四日市市出身

ちなみに、おれは三重県の四日市市出身。

両親ともに四日市市出身やし、21歳まで四日市に住んどったから、まあネイティブスピーカーやな。

三重弁の代表“やんやん”

“やんやん”ってのは、ほかにも「足りやんやん」みたいに言うときに使うんやわ。

まあ「三重弁をマスターしたいなら、まず“やん”をマスターしてくれ」って言ってもいいくらい。

「それで7割くらい三重弁マスターやわ」って言ってもいいくらい

そんな感じ。


んじゃ、後ろの“やん”を解説したあとに、前の“やん”を解説するで。

“やんやん”の後ろの“やん”

でき“やんやん”の後ろの“やん”は、まあ馴染みのある人も多いと思うわ。

標準語でゆったら“じゃん”にあたる言葉な。

簡単やろ?


「かわいいじゃん」は、関西では「かわいいやん」ってなる。これと同じ。

三重では、イントネーションは関西よりやからよろしくな。


あ、でもな、「いいじゃん」は「いいやん(ええやん)」になるけど、

「ジャンボジェット機」は「ヤンボジェット機」にならんから、よろしくな。

「週刊少年ヤンプ」にも、当然ならんから、よろしくな

“やんやん”の前の“やん”

次は、でき“やんやん”の前の“やん”な。

まあ予想ついとった人もおるかもしれやんけど、三重では、否定の“やん”なるものが存在するんやわ。

(和歌山の一部?でも使うらしいし、関西の人もたまに使うんかな? よくわからんわ!笑)


あれや、標準語で「できない」なら、三重弁では「できやん」

こういう感じな。


標準語「しない」は、三重弁では「しやん」

こんな感じやわ。

こうして“できやんやん”が生まれる

上で説明したふたつのやんを重ねたら、“やんやん”の完成な。

じゃあ三重弁の「できやんやん」を標準語に直すとなにになる?

そうやな

「できないじゃん」やな。OK?

三重の方言“やんやん”

てなわけで、三重弁、“やんやん”を解説してきたわ。

ちなみに、否定の“やん”は、五段活用の動詞には使えない、みたいな話もあるから、それはまた別の記事でな。
(「書かない」を「書かやん」とは言わない)


どうやった? 質問あれば、なんでもゆってくれ。

ちなみに、女の子が使うとすごくかわいいから、女子のみんなは三重弁“やんやん”を使ってみてくれ


サンハイッ(はてブ)


〜〜〜

三重の記事
太鼓が叩けるラーメン屋?!白熊ラーメンはいろいろヤバイ。そしてうまい【三重県四日市市】 - げんきよしのともよしぶろぐ!