ともよしぶろぐ|大学院生博士ブロガーの主張

大学院生博士ブロガーのともよしです(今年か来年博士号取得予定)。有機合成化学やってます。

【残業】帰宅時間が遅い原因は、あなたの”夢に対する思い”が弱いせい

こんにちは。大学院生ブロガーのともよし(@tomo141)です!


大学や会社からの帰宅時間が遅くなってしまうのは、あなたの”夢や野望に対する思い”が弱い証拠ですよ

”帰ってからやりたいこと”が無い人は帰りが遅い

人は、やるべきこと・やりたいことが少ない場合、物事を行うスピードが落ちるんです。


Aさんは大きな夢もなく、帰ってからやりたいこと特にがない。

「やるべきこと(仕事)」が10あるAさんは、全部やり終えるのに10時間かかるとします(2時間残業)。

10時間、仕事に時間を費やすと、帰ったら食事と家事と睡眠のみ。朝起きたらすぐ出発するとしましょう。


これに対して、「やるべきこと(仕事)」10に加えて、やりたいこと(夢への投資)が2あるBさんはどうなるでしょうか。

実はBさんは、Aさんと同じく、全部やり終えるのに10時間しかかからない。

帰ってから、夢に対する時間の投資をするために、みっちり計画を立てて集中して仕事を定時で終わらせる(8時間)。

やる量が増えても、必要な時間は変わらない。そういうことが往々にして起こりうるのです。

帰りが遅くなってしまう原因

帰りが遅くなってしまうかどうかは、気持ちの問題であることが多いです。

気持ち次第で、30分早く変えることくらいは余裕で実現できます。

しかし、残業をなくしたり、帰る時間を何時間も早くするためには、強い理由が必要です。

夢、野望、どうしても実現したいこと。それに向かって、毎日の努力が必要な場合、人は、仕事を早く終わらせられるものです。


夢や野望を持ちましょう。見つけられない人は、自分の感情、欲求に素直になってみましょう。

欲求や本能に忠実に生きていれば、夢もでき、夢に対する思いも強くなっていきます。

そうすれば、あなたも早く、帰ることができるようになります。


あなたにおすすめの記事
え、思わないの?諦めるの?「好きな時に、好きな場所で、好きな仕事がしたい」
僕の自己分析の方法と、結果を毎日公開している理由
会社が大嫌いになってしまった2年目社会人が朝起きて5秒後に思うこと3つ
【飲み会】みんなが行くなら自分も参加する、みたいな単細胞人間は本当につまらない
【宣言】今日から66日間、ブログを毎日更新します【習慣化】