読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんきよしのともよしぶろぐ!

大学院生博士ブロガーのともよしです。「げんきよし」かと思ったら「落ち着きよし」。テーマは「大学院生(博士課程)」「ブログ運営」「受験」「ポケモン」など。

僕の自己分析の方法と、結果を毎日公開している理由

広告

最近、noteを毎日更新しています。(ブログもほぼ毎日書いていますが)

「自分らしさ」を突き詰めると、唯一無二の価値が現れてくる|ともよし@元気よし|note

f:id:tomoyoshiyoshi:20160510070021p:plain

noteに自己分析を書いている?方法は?

毎日自己分析をしています

noteには、自己分析を書いています。こんなのとか

休学したい|ともよし@元気よし|note

こんなのとか

学生のうちに達成したい野望|ともよし@元気よし|note

ですね。今日はぼくが毎日自己分析をやる理由、これを毎日公開している理由、自己分析の方法について書いていきたいと思います。

なぜ自己分析を始めたの?方法は?

きっかけはこの本。この本に書かれている方法を実践しています。

オーディオブックのFeBeでこの本を見つけました。

ここで紹介されていた「自己分析法」がぼくに合っていて、「毎日やりたい!」とまで思わせてくれたんです。


なぜnoteで自己分析を公開しているのか?この本で紹介されている方法を参考にした

なぜ自己分析を「毎日」するの?

その理由を書いていきます。この本では、「自分の本当の欲求」というものを大切にしよう、ということが叫ばれています。


忙しい仕事、人間関係、趣味もしたい、時間がない…。そんな人が多いんです。でも、「自分が本当にやりたいことをちゃんとやっているか?」と聞かれると、「やれてない」と答える人が多い。

というかそもそも「自分がやりたいこと」、「本当の欲求」に気付いていないみたいなんです。


「本当はどうしたい?」

と自分に問いかけ、出てきた答えに「なぜ?」「具体的には?」「ほかには?」と問いかけ直し、答え、問いかけ… を繰り返す。そうすると3回くらいで止まってしまう。

それではいけない、と主張しています。



ぼくはこの意見に激しく同意。人生損していると思ったんです。

少なくともぼくだけは、本当の欲求を見つけて、人生を楽しむぞ! と思ったんです。

いやぼくだけじゃない。ぼくを成功例第1号にして、みんなにも参考にしてもらおう! と思ったんです。



やり方、参考自己分析は「ぼくのnote」と「本書」を見てください!


自己分析を公開するのはブログではない noteに書くという方法

ブログに自己分析を書くと、googleからの評価が下がるかも…

でもなぜブログに書かないの? 更新頻度上がるし読者も増えるんじゃ?

と思うかもしれませんが、上の自己分析、ぼくの場合はあんまり長く書けないんですね。そうすると、googleからの評価とか下がってしまいそうです。若干ですが、そんなことを気にしています。

noteなら、ぼくのファンだけに自己分析を読んでもらえる それ以外の人は読めないんです その方法は!?

そしてこの理由の方がかなり大きい。

「noteは、ぼくのファンしか読めないんです」

ぼくのnoteへのリンクを見てもらった方ならお気付きかと思います。noteって、有料設定ができるんです。

全員に読んで欲しいわけではないんです。数人でいい。なんなら、1人、0人でもいい。ぼくの自己分析に、「お金を出してでも読みたい」くらいに価値を見出してくれる人(=ぼくのファン)だけに読んでもらえればいいんです。

noteは、そういう読者フィルターをかけることができるんですね。noteはただの「有料コンテンツを売る場」ではないんです。ファンページみたいな感じにもできるんです。

こういうところ、noteの好きなところです。


自己分析の方法と、結果を毎日公開している理由

というわけで、ぼくはこの本で紹介されている方法を参考に、毎日自己分析をしています。詳しくは本書に任せますが、

「本当はどうしたい?」と問いかけ、出てきた答えに「なぜ?」「具体的には?」「ほかには?」と問いかけ直し、答え、問いかけ… を繰り返す。これを朝晩50秒やる。これだけです。

そして、毎日更新しています。毎日公開する、と決めたほうが毎日続けられるという「ブロガー魂」を利用して、毎日公開している感じです 笑

自分の欲求に気付き始めていると思っているので、これからも毎日、できれば朝晩2回、やっていこうと思います。みなさんもぜひ、参考にしてみてください!