読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんきよしのともよしぶろぐ!

大学院生博士ブロガーのともよしです。「げんきよし」かと思ったら「落ち着きよし」。テーマは「大学院生(博士課程)」「ブログ運営」「受験」「ポケモン」など。

愚痴を言って謝るなら、時間を無駄にした自分に謝ろう

広告

f:id:tomoyoshiyoshi:20160727004931p:plain

こんにちは。元気よしのともよしブログへようこそ。

大学院生ブロガーのともよしです。
〜〜〜〜
我らがルカさんが、とってもいい記事を書いていた。

文句や愚痴を言うヒマがあるなら、自分のことに時間を割いた方がいい | Live Simply

野望があれば愚痴るヒマがない

ぼくも、以前より愚痴が少なくなった。これは、自分のやりたいことが見つかって、自分のやりたいことに時間を割くようになったからだろう。理想の暮らしとか野望とかが分かってきたからだろう。

ぼくは好きな時に好きな場所で好きな仕事がしたい


愚痴る時間はもったいない

愚痴って、そのときは癒されるようで気持ちいいんだけど、たいていはいい結果を生まない。

ぼくの大切な人が愚痴を言っていたら、可能な限りゆっくり聞くし、なんとか前向きになるように話を進めたいと思っている(なかなかうまくいかないけどね)。

「嫌だから愚痴るのをやめて欲しい」

そういう話ではない。


ただ、理想があるのなら、毎日一歩でも、毎日1mmでも、前に進むようにしたほうが得だと思う。

理想の暮らし、野望があるのになかなか前に進めない。そんな人に向けた記事。


愚痴るよりも、自分のやりたいことに時間を割いたほうがいい

愚痴ってのは、麻薬なようなもの。

愚痴は、基本的には非生産的行為だ。愚痴ることで自分を慰める習慣があると、愚痴る自分に依存してなかなか抜け出せなくなる。


一方、あまり愚痴らない人は、本当に愚痴が少ない。愚痴る人/愚痴らない人は結構二極化する。

愚痴らない人の共通点は、

  • 我が道を行っている感じがする
  • 夢に向かって突き進んでいる
  • 積極的に失敗しに行く人

こんなとこがある。


ちょうど、ぴーすけさんも良いことを言っていたのでシェア。


人生、時間は有限です。愚痴ってたら、もったいない。

やりたいことが見つからない人は、自分の直感を信じて「好き」を追いかけるべき - ともよしブログ