ともよしブログ

大学院生、理系博士ブロガーのともよしです(博士課程なう)。有機合成化学やってます。おもろいことが好き。

【カバー】仕事・実験中にApple Watchを、キズや薬品付着を防ぎながら装着する方法

今日は、仕事・実験中にApple Watchを、キズや薬品付着を防ぎながら装着する方法をシェアする。

Apple Watchにキズや薬品がついてしまうという理由で、仕事中・実験中にApple Watchを泣く泣く外しているという方は必見だ

Apple Watchを着けたいのに、キズや薬品が気になる… 保護カバーが欲しいのに!

ぼくはアップルが大好きで、もちろんApple Watchを持っている。

Apple Watchを持っている人なら分かると思うけど、Apple Watchは毎日装着したいのだ


(装着したい理由はこのへんでお話した)


一方、ぼくは化学系の大学院生だから、実験中にApple Watchを着けると、Apple Watchに薬品が付着してしまったり、Apple Watchにキズがついてしまうおそれがある。


そこで考えたのが、リストバンドをつけるというもの。

だけどリストバンドをすると、Apple Watchの画面が見えない。

だから、リストバンドの一部を、Apple Watchの画面が見えるように切ったこともあった。

Apple Watchの画面を露出させるわけにはいかないから、そこに透明なプラスチックを入れたりしたんだけど、どうも使い心地が悪かった。

Watchsuitで、Apple Watchをカバーする!!

f:id:tomoyoshiyoshi:20170504184538j:plain

そんなときに出会ったのが、Watchsuit。


f:id:tomoyoshiyoshi:20170504184648j:plain
↑カバーをめくることができる。


商品と、装着方法を説明しよう。

f:id:tomoyoshiyoshi:20170504184706j:plain
↑装着前はこんな感じ。AppleWatchの画面をカバーする部分には面ファスナーが付いている。

f:id:tomoyoshiyoshi:20170504184529j:plain
↑AppleWatchの画面カバーをめくり、面ファスナーでとめることができる。

装着方法は以下。

f:id:tomoyoshiyoshi:20170504184640j:plain
↑穴の空いた部分をAppleWatchの画面にはめて、

f:id:tomoyoshiyoshi:20170504184546j:plain
↑面ファスナーをとめれば完成だ。


↑仕事中や実験中はAppleWatchをカバーする。

f:id:tomoyoshiyoshi:20170504184657j:plain
↑面ファスナーをはがせば、


↑カバーをめくってこの通り。

Apple Watchのカバー、Watchsuitをおすすめします

仕事の都合上、キズや薬品が気になってAppleWatchをつけることができない、という人にはぜひともおすすめしたい商品だ。


Watchsuitに出会ってから、
毎日AppleWatchを装着して実験ができるようになった。

おかげで、一日中心拍数も計ってくれるし、消費カロリー、スタンドなどのアクティビティもずっと計測することができる


メールなどの通知も受け取ることができるし、
意外と便利なのがいつでもタイマーを使えるようになったこと。

Siriを起動して「10分タイマー」と言っておけば、10分経ったら振動で通知がくる。

このタイマー機能は、仕事や実験の作業効率化に大きく役立ってくれる


価格は記事執筆時2,880円。

ぼくはAmazonで買った。

ぜひ検討していただいて、気持ちいいAppleWatchライフを送ってほしい。


《Watchsuit》腕時計やスマートウォッチを5秒で簡単装着する保護カバーです!


>>Amazonで買うならこちら<<


>>Amazonレビューをみてみる<<